未分類

リアップの副作用が怖い人こそ育毛剤イクオスを使うべき

投稿日:

20代後半でM字ハゲに悩んでいる。

そんな人が思いつく市販の育毛剤と言えばリアップですが、副作用が怖くて躊躇している。

そこで、リアップと同じ血行を促進し髪を太く強くする働きを持っていて、副作用のない育毛剤があればなって思いますよね。

そんな人こそ、市販の育毛剤イクオスを使うべきです。

イクオスなら高い血行促進効果を持ちながら、リアップのような副作用はありません。

この記事で、イクオスのどんなところがリアップの変わりになりうるのかについて詳しく解説していきます。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

リアップにはこんな副作用が起こる

医薬成分ミノキシジルが5%配合されたリアップx5プラスには、以下の6つの副作用が起こる可能性があります。

頭皮の強い痒み
真っ赤にかぶれる
発疹
フケ
頭皮のほてり
動悸

これらの副作用が起こる確率は10%以下だと言われていますが、副作用には気を付けたいところです。

実際に自分の友人もリアップを使って副作用が出たというので、頭皮のM字部分を見たら真っ赤になっていたので、こんな症状になるのかと驚いた記憶があります。

また、リアップを使用して3人の死亡者が出たとの報道もありましたよね。

ですが、厚生労働省からも因果関係は認められずリアップの副作用である可能性は低いと発表しました。

医薬品なので、副作用の可能性は必ずあります。

ただ、リアップの使用で怖いのが使うのをやめるとミノキシジルによる血行促進効果が得られなくなるため、また髪が細くなり抜けやすくなるという点です。

そう考えると、リアップをずっと使い続けなかやいけないとなると、副作用のない安全な育毛剤を使っていきたいですよね。

その点、育毛剤イクオスであれば、抜け毛を防ぐ血行促進効果を持ちながら、安全な天然成分のみで作っているため、リアップのように今後長く使い続けたときの副作用や体への影響を気にする必要がありません。

リアップを検討したが、副作用が怖くて購入を断念した人ほどイクオスを使うべきでしょう。

 

リアップのみだとM字ハゲに心細い

リアップはM字ハゲの抜け毛を抑えるのに効果があることはあるが、リアップだけだと万能とは言えません。

そのため、とにかくM字ハゲが進行し前髪が少なくなり、もう隠しきれなくなっている場合は、リアップだけだと思うような抜け毛への効果が得られない可能性も高いです。

リアップは医薬品の育毛剤で、たしかにミノキシジルによる血管拡張作用によって発毛効果があるのは事実です。

M字ハゲは、血行不良が起こりやすい部分なので、リアップの血行促進作用で髪の毛に栄養を与え抜け毛を減らすことは可能でしょう。

ただ、M字ハゲが起こる原因は、血行不良だけではありません。

むしろ、額のM字部分は遺伝による男性ホルモンが影響してハゲることの方が圧倒的に多いんです。

M字ハゲが進行している時点で、まず男性ホルモンが影響のAGA(男性型脱毛症)を疑うべきです。

リアップは、男性ホルモンを抑える成分が配合されていないため、リアップだけではM字ハゲの進行を止められない可能性が高いです。

その点、イクオスにはリアップのような血行促進効果もありながら、M字部分の男性ホルモンを抑える効果のある成分も配合されています。

イクオスは、天然成分のみで作られていて、リアップのような副作用もないんです。

つまり、リアップの血行促進効果だけでは、M字ハゲの原因にすべて対処しきれていません。

頭皮が真っ赤にただれたり痒くなったりする副作用の確率も高い上に、生え際の男性ホルモンを抑えることができないんです。

M字ハゲの後退で前髪の量がどんどん少なくなり、髪型では隠しきれない人は男性ホルモン抑制効果と血行促進効果の2つを備えているイクオスを使う方がいいでしょう。

 

イクオスならリアップと同じ血行促進効果が高い

リアップは第一類医薬品で、血行促進効果の高いミノキシジル配合の商品です。

でも、リアップのミノキシジルには副作用が起きる可能性があります。

実際に自分の周りにも、リアップを使って副作用が出た人もいるため正直怖いですよね。

そうなると、リアップのような血行促進作用を持ちながら安全な育毛剤を使いたいのが本音でしょう。

そこで、本命となるのが市販の育毛剤イクオスです。

リアップには血行促進成分がミノキシジルの1種類のみ配合されています。

一方、イクオスには、血行促進成分がセンブリエキスやニンニクエキス、ニンジンエキスなど全部で10種類も配合されています。

たしかに、イクオスの血行を促進する一つ一つの成分の効果は、医薬品のミノキシジルにかなわないでしょう。

ですが、血行促進効果のある成分が10種類も集まることで、リアップにはない相乗効果が期待できるのも事実です。

リアップと似たような効果のある育毛剤で、痒みやかぶれなどが起きない安全な育毛剤を探している人はイクオスがピッタリなんです。

 

イクオスにはリアップにない男性ホルモン抑制効果がある

いまM字ハゲが進行している人は、かなりの確率で遺伝によって過剰に分泌されている男性ホルモンが原因のAGAを引き起こしています。

というのも、男性ホルモンが髪の毛に対して影響を与え脱毛させるのは生え際のM字部分とつむじ部分だけだからです。

リアップには、男性ホルモンを抑える成分が一つも配合されていないため、M字の男性ホルモンには働きかけることができません。

そのため、リアップだけをずっと使っていてもM字部分の生え際の抜け毛が収まらない可能性が高いです。

ですがイクオスには、生え際の抜け毛に作用する男性ホルモン抑制成分が育毛剤に14種類も配合されています。

育毛剤とセットで購入できる育毛サプリメントにノコギリヤシエキスと亜鉛含有酵母、ダイズ抽出液(イソフラボン含有)、フィーバーフューエキスの4種類で合計18種類も配合されているんです。

こんなに多くM字ハゲの抜け毛を抑える男性ホルモン抑制成分が多い市販の育毛剤はイクオスだけ。

つまり、イクオスが市販でM字ハゲの抜け毛に一番おすすめできる商品だと言えるんです。

M字ハゲに悩んでいて、安全な育毛剤を探している人は、まずイクオスを選んでみるべきです。

 

リアップが心配な人にイクオスをすすめるがイクオスのノコギリヤシは副作用がないのか

いくらリアップが医薬品で発毛効果があるからといって、長く使い続けて副作用が体に影響を与えてしまったら髪の毛どころの騒ぎではなくなりますよね。

つまり、長く使う育毛剤は、安全かつ効果の高い商品でなければならないわけです。

その点、育毛剤イクオスとイクオスサプリメントにはどちらも副作用はありません。

イクオスには、頭皮の痒みやかぶれが出るような刺激のある物質はありません。

万が一、敏感肌だったり過去に使った育毛剤でかぶれが出た人でも、イクオスであれば保湿効果やかぶれだったりを治す抗炎症作用もあるため、副作用を起こす確率はかなり低いんです。

さらに、育毛剤と育毛サプリメントに配合されている男性ホルモンを抑える働きのある成分にも副作用はありません。

20代後半で独身男性であれば、男性ホルモンを抑えると聞いて性機能に影響を与えるのではないかと心配になりますよね。

ですが、医薬品のような強い副作用を伴う成分は配合されていなく、あくまで天然成分によって緩やかに働いてくれるので安心です。

副作用が気になっていては、育毛剤を長く使うのは心配ですよね。

そんな人は、確実にイクオスを使うべきでしょう。

イクオスなら安心して長く使用を続けることができます。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

-未分類

Copyright© 34歳M字ハゲが育毛剤イクオスをすすめる理由 , 2019 All Rights Reserved.