未分類

1日8時間のPC作業で増えた抜け毛を止める方法

投稿日:

職業柄1日8時間以上ずっとパソコンを見ている。

そんな人で、前髪の抜け毛が大量に増え、M字ハゲが進行し前髪では隠せなくなってきている。

そんな自分が抜け毛が増えている原因は眼精疲労だと疑っている。

そんな人に向けて、抜け毛が増え、生え際の地肌が目立つのはパソコン作業による眼精疲労が原因の薄毛なのか?

また、もし眼精疲労による薄毛であれば、前髪の抜け毛を止め、生え際の薄毛の進行を止めたい場合、どんな対策方法があるのかについて徹底解説します。

 

目の疲れが抜き毛を引き起こすのは本当だった

目の疲れは抜け毛を引き起こします。

つまり、パソコンで作業をする長時間の生活を毎日続けて、抜け毛が増えてから生え際が後退してきたのであれば、目の疲れがキッカケとなって抜け毛が増えた可能性が高いと言えるでしょう。

わたし自身、仕事柄月曜から金曜まで1日8時間程度パソコンを使用していますが、慢性的な目の疲れに悩まされ髪の毛が細く抜けやすくなったことを実感しています。

生活習慣の乱れが影響しているということも考えられますが、抜け毛が増え始めた一番大きな要因として考えられるのはPC作業による目の疲れが大きいと感じています。

パソコンの長時間使用による抜け毛が疑わしい場合は、パソコンの時間を減らすなどの対策をすぐに取るべきでしょう。

でないと、生え際の薄毛は進行し地肌が目立っていくだけです。

 

疲れ目が抜け毛を引き起こす原因

疲れ目による抜け毛を抑えるための対策方法をお伝えする前に、疲れ目がなぜ抜け毛を引き起こすのかについて解説していきます。

早く、疲れ目の抜け毛対策を知りたいという人は読み飛ばしてください。

仕事でのパソコンのしすぎによる目の疲れと、髪の毛は直接的ではないものの抜け毛を引き起こす原因になりえます。

パソコン仕事の人であれば経験あるかと思いますが、目の疲れがひどくなると、目だけで収まらず肩こりや頭痛、吐き気などの体全体に影響していくんです。

パソコン作業によって目の疲れが慢性化すると、眼精疲労を改善するために体は、目の疲れを改善するためのビタミンBやL-シスチン等の栄養素をいつもより多く目に送るようになります。

ビタミンBやL-シスチンは目の健康維持と髪の毛の生成のどちらにも必要な栄養素。

通常であれば、バランスよく両方に供給していくところ、眼精疲労が発生すると目に多く栄養を送るようになってしまいます。

そうなると、髪の毛にいきわたるはずの栄養素が目に送られ、髪の毛が栄養不足となる恐れがあるんです。

また、目が疲れると肩や首のコリにつながることが多いです。

これも、抜け毛と間接的に関係していて、血行が悪くなっているために起こる現象なんです。

目の疲れが、首や肩こりにつながると、首から目などの顔全体が血行不良になっている可能性も高いと言えるでしょう。

頭皮が血行不良になると、頭皮の髪の毛にも血液が十分に回らずに、栄養不足となり細く弱い毛になってしまう可能性が高いんです。

目の健康のために消費された髪の毛を作るための栄養素をきちんと、別で補給する必要があるというわけです。

最近では、育毛剤や育毛サプリメントに目の疲れの解消のために消費された髪の毛の生成に必要なビタミンB群とL-シスチンが配合されている商品があります。

そういった商品を使ってケアするのが、疲れ目による抜け毛を防ぐためにおすすめなんです。

オススメの育毛剤と育毛アプリは以下の商品です。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

パソコン使用が抜け毛に関係があるのなら、どんな対策を取るべきなのか

パソコンの長時間使用は、抜け毛に少なからず影響します。

パソコン作業がもたらす抜け毛を減らす一番の対策方法は、パソコンの作業時間を減らすこと。

でも、仕事柄パソコンをずっと使うような仕事だとそれも難しいですよね。

そこで、少しでも目の疲れをやわらげたり、抜け毛を減らすための対策方法をお伝えします。

1時間ごとに休憩をとる

パソコンを1日中使う仕事であれば、できれば1時間に1回10分程度でいいので目を休める時間を取りましょう。

仕事中にこまめに休憩を取るのが難しいのは十分わかりますが、そこは目のためです。

できる限り休憩を取りましょう。

休憩中は、目を温めるアイマスクなど使って10分間目を閉じて休むのがおすすめです。

わたしはだいたいこれを実践してますが、終わった後は瞼がかなり軽くなり、目を閉じたり開いたりがかなり楽になります。

これはめちゃくちゃ効果あるので試してみてください。

目薬をこまめに差す

パソコン作業を長時間続けていると、瞬きの回数が減ります。

瞬きの回数が減ることで、目が乾くとドライアイの症状が出てきてしまいます。

ドライアイの状態が続くと目が疲れやすくもなるし、血行も悪くなるため、間接的にも髪の毛に影響してきてしまうんです。

そこで、パソコン作業の合間に目薬を指すことで、ドライアイの症状を軽減できるようになります。

目薬には、目の疲れを改善するようなビタミンBが配合されている商品を選ぶのが効果的です。

育毛剤を使って抜け毛を防ぐ

目の疲れを取りたいだけであれば目薬や目の栄養を補給するサプリメントで問題ありません。

ですが、目の疲れによる抜け毛を抑えたいのであれば、育毛剤を使うべきです。

育毛剤には、目の疲れと合わさって起こるM字ハゲのいろんな原因をなくす働きがあります。

たとえば、額の生え際の抜け毛の原因となる血行不良による髪の栄養不足や、男性ホルモンによる脱毛。

育毛剤には、血行を促進することで、生え際の毛根に栄養を届け強く抜けにくい髪を作ってくれます。

また、生え際の男性ホルモンを抑えることで、抜け毛を防ぎ、今ある髪を守ってくれる働きもあります。

これらのM字ハゲの進行を止めることができることができる育毛剤を選ぶのが絶対条件。

この血行促進と男性ホルモン抑制の働きがバランスよく備わっているのが育毛剤イクオスです。

イクオスなら、M字ハゲの抜け毛を止めることで少しずつ前髪の量を増やし、ヘアセットもしやすくなっていくでしょう。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

育毛サプリメントで抜け毛を防ぐ

パソコン作業が続き疲れ目の状態が続くと抜け毛につながります。

なぜなら、目の疲れがひどくなると、目の健康を維持しようと髪の毛を作るのにも必要なビタミンB群とL-システインを大量に消費してしまうからです。

結果、髪の毛にまわるはずの栄養が足りなくなり髪の毛が弱く抜けやすくなってくるというわけです。

そのため、疲れ目を改善するのと髪の毛を作るのにどちらも必要なビタミンB群とL-システインが配合されたサプリメントを飲むべきでしょう。

目の疲れを解消するためにビタミンB類やL-システインなどの栄養素が配合されたサプリメントも多いです。

ですが、サプリメントを飲んだところで、抜け毛改善につながらなければ意味がないので、育毛サプリメントがおすすめ。

ビタミンB類やL-システインだけでなく、亜鉛などの髪の毛を作る栄養素がバランスよく配合されています。

そのため、パソコン作業による疲れ目の抜け毛を抑える目的であれば育毛サプリを使う方が絶対にいいです。

私自身飲んでいる育毛サプリがイクオスサプリEX。

イクオスサプリEXには、髪に必要な栄養素ビタミンB類やL-システインをはじめ、M字ハゲの進行を止めるノコギリヤシエキスやフィーバフュー、亜鉛などの全部で46種類も成分が配合されているんです。

抜け毛を止めるのであればこれ以上のサプリはないでしょう。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

-未分類

Copyright© 34歳M字ハゲが育毛剤イクオスをすすめる理由 , 2019 All Rights Reserved.