未分類

睡眠不足が原因で抜け毛が増えた人は育毛剤イクオスを使うべき

投稿日:

20代後半なのに、仕事が忙しく就寝時間は1時か2時で、睡眠時間は4時間から5時間。

こんな生活が続くと、抜け毛の原因となり薄毛が進行する可能性もあります。

事実、睡眠不足がずっと続き抜け毛が増え深刻に悩んでいる人の中には、会社の友人や女性に隠せないほど抜け毛が増えてきた人もいるでしょう。

このままの睡眠不足による抜け毛を放置していると、本当にハゲてしまうことになりかねません。

睡眠不足が続き抜け毛が増えた人で、生え際が産毛化し薄くなってきている場合は、この記事でこれから解説するような対策を早めに取り入れましょう。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

睡眠不足で抜け毛は増えるのか

睡眠不足は抜け毛の増加につながります。

そのため、仕事が忙しくて毎日4~5時間程度しか寝れてない睡眠不足の毎日が続いている人で、抜け毛が増えた人は睡眠の質を改善し睡眠時間を増やす必要があります。

そもそも、なぜ睡眠不足が続くと抜け毛につながるかというと、髪の毛は寝ている間に最も成長するからです。

睡眠には髪の毛に対して以下の2つの影響を与えます。

・睡眠中に分泌される成長ホルモンが髪を成長させる
・血行を悪くし髪を弱くするストレスを睡眠中に解消する

この2つの役割は、髪の毛にとって重要です。

そのため、睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れ、新陳代謝(肌や髪の生まれ変わり)の悪化につながってしまいます。

また、睡眠不足によって仕事で抱えているストレスの解消ができず、頭皮の血行不良の原因にもなってしまいます。

頭皮が血行不良髪になると、髪の毛に栄養がいきわたりづらくなり、細く抜けやすくなってしまうんです。

そのため、いま現在睡眠不足が続いていて、抜け毛に悩んでいる人はできれば夜の12時から1維持には就寝し、最低でも6時間から7時間の睡眠を目指すべきでしょう。

 

どのくらいの睡眠不足が続くと抜け毛は増えるのか

睡眠不足がどのくらい続いてしまうと髪の毛に悪影響が起こるのかの明確な期間はありません。

1日2か徹夜した後に明らかに枕や床に抜け毛が落ちていて髪も弱々しくなっているっていう人もいるでしょう。

事実わたしも、睡眠不足が数日続くと抜け毛が増えるように感じます。

また、睡眠不足が続いても髪の毛に影響が出ない人も当然いるはずです。

そのため、いま現在睡眠不足の状態で抜け毛が増えたと感じた人は、少しでも早く抜け毛を抑えるために、すぐに睡眠不足の解消を目指すといいでしょう。

 

髪に良い睡眠の取り方

仕事が忙しくて4~5時間くらいしか睡眠がとれてなく、抜け毛が増えた人は睡眠時間を増やし、髪の毛の成長を促進できるような質の高い睡眠をとる必要があります。

髪の毛のことを考えたときの理想の睡眠は、夜の12時か1時までには寝て7時間ほど確保したいところです。

なぜなら、夜の10時から2時はゴールデンタイムとよばれ、髪の毛を伸ばす成長ホルモンが分泌しやすい時間帯だからです。

成長ホルモンは、寝ている間に多く分泌され細胞の修復や成長を促してくれます。

睡眠時の髪の毛の成長も、当然この成長ホルモンが関係しているんです。

事実、寝不足が続いた日の髪の毛や肌はなんとなくハリがなかったり、元気がないと感じたことのある人も多いでしょう。

遅くても夜の12時か1時までには寝るのがベストです。

ハゲの進行を抑えたいのであれば、最低でも7時間は寝られるように仕事を調整し、睡眠時間を確保してみてください。

 

睡眠不足による抜け毛を減らすにはイクオス

睡眠不足による抜け毛を解消するには、当然ですが睡眠をできるだけ取るのが一番大事です。

ですが、朝10時に出社して帰るのは残業して夜の10時。

家でテレビを見たり晩酌したりとゆっくりする時間も含めたら、1日7時間の睡眠時間の確保はすぐには難しいって人も多いでしょう。

そこで、睡眠不足による抜け毛を防ぐサポートとして育毛剤イクオスを使うのがおすすめです。

イクオスには、睡眠不足がもたらす髪の成長を妨げたり、血行不良で髪が細く抜けやすくなるという状態を改善するような働きが備わっています。

有効成分センブリエキスが頭皮の血行を促進することで、抜けやすくなっている生え際の毛根に血液をたっぷりと届け太く強い髪を作ります。

髪を作るのに必要なミネラルや、毛根にある髪を伸ばす工場のような毛母細胞の働きを活性化させる成分も配合されています。

つまり、イクオスを使うことで仕事でどうしても睡眠時間が確保できず抜け毛が増えた人の髪も抜けにくく強くする働きがあるんです。

いままで睡眠不足が続いて、これから睡眠の質と時間を確保できる人もできない人も、どちらもこのまま放置していてはハゲていくだけなので、早めに育毛剤で対策することが必要になります。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

睡眠不足を解消しても抜け毛が収まらなかった場合

睡眠不足を解消したからといって、抜け毛が必ず収まるわけではありません。

なぜなら、睡眠不足が抜け毛が起こる引き金となっていただけで、別の原因も含め抜け毛が発生しているかもしれないからです。

その場合は、睡眠の時間を長くとったからと言って抜け毛が完全に収まるとは言えません。

睡眠をしっかりととったのにかかわらず、抜け毛が収まらなければ別の抜け毛の原因を疑い改善していかなければいけません。

 

睡眠不足以外で考えられる抜け毛の原因

仕事が忙しくて、睡眠時間が確保できず抜け毛が増えてしまった人で、睡眠時間を今まで通りに戻したのに抜け毛が改善しない場合は、以下の原因を疑ってください。

ストレス

ストレスは、全身の体を緊張状態にし血管を収縮させます。

つまり、全身の血行不良を意味し、髪の毛にも血液がいきわたりにくくなるということです。

髪の毛は血液を栄養として、成長するので過度なストレスを長期間にわたって貯め続けることで、抜け毛につながるというわけです。

睡眠中には、ストレスを解消する役割もあるので、睡眠とストレスは関係していますが、日中にもストレスを発散できるような趣味なんかを持つのがおすすめです。

自分は、映画が好きなので休みの日に家にこもって好きな映画を見るだけで、仕事での嫌なことを忘れることができます。

休みの日は、仕事のことを考えなくてもいいようなストレス解消法を探すといいでしょう。

仕事で受けた過度のストレスと抜け毛の関係について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

【リンク】仕事のストレスで抜け毛が増えた人こそ育毛剤イクオスを使うべき

運動不足

仕事が忙しくて寝不足になってしまうような人は、同時に運動不足の状態にもなりがちです。

運動不足は、血液を運ぶ役割をしている全身の筋力を低下させ、血行不良をもたらします。

運動不足が続くと、頭皮の血行の悪化にもつながるため、髪の毛への栄養不足にもなりかねません。

土日の休みの日だけでもいいので、ジョギング等無理なく続けられる運動をして筋肉を鍛えていきましょう。

また、運動にはストレス解消の効果もあります。

事実、自分は土日にいつも1回3キロ程度のランニングをするのですが、終わった後は疲れとともに充実感に満たされるためかなりのストレス解消になってます。

男性ホルモンによる遺伝のAGA

自分のように20代後半になると早い人だと、男性ホルモンの影響で髪が抜け始めるAGA(男性型脱毛症)を発症し始めます。

遺伝によってAGAを発症すると、額の生え際部分のM字ハゲと頭頂部部分のつむじハゲが進行していきます。

今まで、なんともなかったのにM字ハゲとつむじハゲが進行してきた場合は、男性ホルモンによるAGAを疑ってください。

AGAでM字ハゲが進行した場合は、睡眠時間を確保したところで抜け毛は収まりません。

この場合は、M字部分の男性ホルモンを抑える成分が配合された育毛剤を使って抜け毛を止めましょう。

市販の育毛剤で一番M字ハゲに効果が期待できる成分が多く配合されているのがイクオスです。

イクオスがM字ハゲとつむじハゲにどう作用するのか詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

【リンク】イクオスは30代の生え際の抜け毛にも効果が高い理由
【リンク】イクオスは30代のつむじハゲと抜け毛に効果がある理由

食生活の乱れ

自分のように仕事が忙しく睡眠時間もろくに取れない人は、決まって食生活も乱れていることが多いです。

事実、自分自身も夜は必ずといっていいほどコンビニ弁当で済ませていましたし、ストレスから仕事終わりに必ずお酒も飲んでいました。

食事によって得られた栄養素が血液を通して毛根に送られることで、髪の毛が作られます。

そのため、色々な栄養素をバランスよく取る食事内容に気を配らなければいけません。

特に体内の血流が悪くなるような脂が多い中華料理やラーメン、お肉などが好きで食べ過ぎてしまう人は注意です。

血液の質が悪くなり、ドロドロになってしまいます。

髪の毛にも影響が出てしまうでしょう。

 

-未分類

Copyright© 34歳M字ハゲが育毛剤イクオスをすすめる理由 , 2019 All Rights Reserved.