未分類

30代前半のM字ハゲはリアップx5プラスよりもイクオスを使うべき

投稿日:

抜け毛が増えたのをきっかけに少しずつおでこの生え際が後退していっている。

M字部分の髪をぬらすと特におでこの地肌が見えやすくなってしまった。

そこで、育毛剤イクオスかリアップx5プラスのどっちかを試そうと検討している人もいるでしょう。

この記事で、いま30代前半のM字ハゲの自分が、過去にイクオスとリアップx5プラスのどちらも使った経験から、どっちがいいのか徹底比較していきます。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

M字ハゲにはイクオスかリアップx5プラスはどっちが効果あるのか

自分と同じように30代前半でM字ハゲに悩んでいる人は、できるだけM字部分の抜け毛を抑えることができる育毛剤を使いたいですよね。

結論から言うと、イクオスとリアップx5プラスはどちらもメリット、デメリットがあるため全員に絶対にどちらかをおすすめできないのが現状です。

ですがそんな中でも、強いてM字ハゲにどっちがいいかというと個人的にはイクオスだと思っています。

その理由は2つ。

1つ目はイクオスでも、リアップにあるミノキシジルの血行促進効果と近い働きを得られること。

2つ目はイクオスはリアップにはないM字部分の抜け毛を抑える男性ホルモンを抑制する働きのある成分が配合されていること。

イクオスのデメリットは、リアップx5プラスのように医薬品ではないため、血行促進し髪を強くする効果はリアップよりも緩やかだとされています。

ですが、育毛剤に大事な効果は、いかに抜け毛を抑え、今ある髪の毛を守りながら残った髪の毛を強くしていくこと。

つまり、リアップx5プラスだとたしかに髪は太く強く発毛しやすいですが、M字部分の男性ホルモンによって抜け毛が発生してしまうことが考えられます。

そう考えると、医薬部外品ではあるものの、リアップよりもイクオスの方が男性ホルモンから今ある髪の抜け毛も守りながら、髪を太く強くして行けるリアップのような働きも備えているため、M字ハゲには効果を発揮すると考えています。

 

イクオスとリアップx5プラスは髪を太くしコシを出すのはどっちか

一見髪を太くしコシを出すのはリアップx5プラスが有利だと思いがち。

でも実は、そうとも限らないんです。

上にも書いたとおり、リアップは発毛効果のあるミノキシジルが血行を促進し、髪の毛を太く強くしてくれます。

しかし、M字部分は強力な男性ホルモンが栄養を遮断し、本来はもっと成長するはずの髪の毛の寿命を全うすることなく脱毛させてしまう部分です。

この額の生え際部分の男性ホルモンの脱毛させる働きは強力で、ミノキシジルで髪を強くしようがM字部分は一番男性ホルモンの影響を受けやすい部分なので、後退は止められなくなる可能性があります。

せっかく、髪の毛に血液を巡らせ強く太く発毛させても、男性ホルモンによって抜けてしまっては元も子もありませんよね。

ネットの口コミなどで、リアップを使ってもM字ハゲの後退を止めることができずに、効果がなかったなんて人も多いのはこういう理由でしょう。

その点、イクオスはM字部分の髪の毛を脱毛させる男性ホルモンを抑制させる働きを持っています。

たしかに、イクオスはリアップよりも血行促進作用は弱いが、男性ホルモンを抑制することで抜け毛を防ぎ、今ある髪の毛を守りながら、髪に栄養を送り育てていくことができます。

長期的にみると、やはりリアップx5プラスよりもイクオスの方が髪を太くしコシを出してくれる育毛剤だと考えられます。

髪が細くなると明らかにスカスカしてきて、髪型も決まりづらくなるが、イクオスを我慢して使い続ければヘアセットもしやすくなるでしょう。

 

副作用がない方を使いたい人はリアップよりもイクオス

いくら髪が生えてくるからといっても、育毛剤を使い続けなければいけないこの先で、健康を害してしまっては、髪が薄いことなど以前の問題ですよね。

やはり、育毛剤を使う上で副作用がないことは重要な指標であり、やっぱり副作用のない安全な育毛剤を使いたいですよね。

自分のように、副作用がない育毛剤を使いたいという人はやはりリアップよりもイクオスを選ぶべきです。

リアップは医薬成分のミノキシジルによって血行促進作用を与え髪の毛を発毛させるため強い副作用が起こる可能性があります。

一方、イクオスは、生薬などの天然成分の力でミノキシジルと似た血行促進作用を与えます。

事実、イクオスであれば超敏感肌の自分の頭皮も何もなかったのですが、リアップはやはり使用から数日して頭皮が真っ赤になってしまった経験もあります。

頭皮が真っ赤にかぶれたり、痒みやフケが発生したりなどの副作用は、リアップを使った全員が起こるわけではありませんが、イクオスよりは高い確率になります。

それを考えると、長期使用が必要な育毛剤でリアップを数十年使った時の副作用や、将来的な体への影響が怖くて使用に踏み切れないのも無理はないでしょう。

副作用が怖い人は安全なイクオスを使うべきです。

 

リアップとイクオスで実際に使ってみてよかった方

自分自身、イクオスとリアップを両方使った経験があります。

といってもリアップは数日使って副作用が出たため使用を中止しています。

そのため、正確な抜け毛への効果を比較し測定できたわけではないですが、少なくとも敏感肌の自分の頭皮にもイクオスは痒みやかぶれなど全く副作用が起こらず現在2年使用中です。

これだけでも、敏感肌や副作用が怖い人はイクオスを使うべきです。

さらに、イクオスを使って2週間程度で徐々に抜け毛が収まってきて、半年程度経った頃から髪にコシが出てきたのを実感しました。

2年使用している現在では、髪の毛1本1本が太く強くなったのか、通勤前やデートの時のヘアセットが決まりやすく、時間がたってもヘアスタイルが崩れにくくなりました。

自分自身、イクオスを使って抜け毛も減り満足できているので、イクオスかリアップのどちらかを迷っている人はイクオスをすすめたいです。

イクオスの販売サイトを調査目的で見る

 

-未分類

Copyright© 34歳M字ハゲが育毛剤イクオスをすすめる理由 , 2019 All Rights Reserved.